蝦夷梅雨が始まるころに、畑作りが一段落します!

量は獲れないくせに、多種類の作物を植えているおかげで、毎年この時期はやることがいっぱいあります。いろいろありすぎて、写真に撮りきれないのと、ブログで紹介しきれないのがとても残念です。しかしながら、その紹介しきれないことのほとんどが、失敗や「映えしない」ことばかりなのですが・・・。

キュウリの接ぎ木に、慣れてきたようです!

オヤジんとこでは、キュウリは接ぎ木で育てています。自根(接ぎ木をしないでそのまま育てること)でももちろん収穫できるのですが、ここ5~6年、収穫期間が極端に短くなり、ほどなくして枯れてしまうようになりました。ネットやものの本で調べると、どうやらこれはツル割れ病というもののようです。

ゴールデンウィークが終わっても、畑!畑!畑!~耕運機が活躍します!~

GW中はまだ霜の降りる寒い朝が多いので、ハウスから露地へ活動を広げることができません。最低気温が0度以下になることがほぼなくなった今週から、露地の活動をメインにしていきます。広範囲な露地での活動には文明の利器が力を発揮してくれます。