ビニールハウス一覧

夏野菜の収穫がすすんでいます!

北海道のオヤジが住む道央地区では、7月はわりに気温が低く、天気が不安定な日々が続きました。夏野菜がぐんと育つこの時期に気温と日照が足りないな、という印象でした。 8月のお盆を過ぎると、北海道はぐっと涼しくなり、秋の気配が深まります。もう少しこの暑さが続いて、露地の夏野菜の収穫を助けてくれたら良いな、と思っています。

温床をしまいました!

寒の戻りを繰り返しつつも、気温は夏へ向けて確実に上がっています。オヤジの住む、北海道の道央地域でも、マイナスの気温を記録する時間帯がほぼなくなりました。5月いっぱいは遅霜の発生があり得るので、毎日天気予報をチェックし、ハウスの中も防寒資材(不織布、トンネルビニールなど)を片付けず、急な低温に備えています。

遅霜を警戒し、ひと手間をかけます!

ゴールデンウィークに入り、天気は好天が2日と続かない有様です。雨天と晴天が交互にやってくる状況では露地が乾かず、基本的に耕せないので露地の畑作りは足踏み状態となります。ですので、雨が降った時のオヤジは、自宅内の接ぎ木苗などの管理やハウス内の環境整備をしながら露地に手をかけるチャンスを伺います。

新たな生ごみ堆肥を始めました!

地味にいろいろな取り組みをしているオヤジです。昨年は、納豆菌を仕込んだ米ぬか堆肥に挑戦しました。(挑戦した記録は、こちらの記事です。)しかし、どうもしっくりこない感じがしていました。理由は、堆肥を作る流れをオヤジ的生活にくみこめない自分がいたからかもしれませんが・・・。