ウリ科一覧

今年のキュウリは長く収穫できました!

オヤジんとこのキュウリは、毎年「黒サンゴ」という品種を種から育て、接ぎ木苗にして定植しています。「黒サンゴ」のおいしさを知って以来、他の品種に挑戦する気が起こらないくらい、「黒サンゴ」オンリーになっています。しかし、ここ数年、病気の蔓延なのか、1カ月もまともに収穫できないまま枯らしてしまう残念な状況です。

今年は、「東京南瓜」を植えました!

オヤジんとこは、カボチャを毎年露地に植えています。品種は、毎年「雪化粧」と「みやこ」を必ず植えます。どちらも、北海道ではポピュラーな品種です。(昨年のカボチャの収穫した模様は、こちらです)しかし、どちらも市販のF1種を植えているので、継続した種どりができません。

キュウリの接ぎ木に、慣れてきたようです!

オヤジんとこでは、キュウリは接ぎ木で育てています。自根(接ぎ木をしないでそのまま育てること)でももちろん収穫できるのですが、ここ5~6年、収穫期間が極端に短くなり、ほどなくして枯れてしまうようになりました。ネットやものの本で調べると、どうやらこれはツル割れ病というもののようです。

切れ目のない、収穫を目指します!~雪が降る前に獲れたもの~

北海道では各地で遅い初雪を観測し、あちこちで雪景色となっています。 オヤジんとこの畑でも、すでにこんな景色となっていますが・・・時間をさかのぼって、こうなる前に獲るものは獲らねば、とぐうたらの心に鞭打って、これらのものを収穫しました。

わーい!カボチャの収穫です!

畑の作物の中で、もっともボリューム感あるのが、カボチャです。貯蔵作物の性質上、一気にまとめて収穫し、保存します。 毎日毎日とれたてを調理する小型の果菜類や葉物野菜と違って、人手を必要とする作業は、オヤジたち男どもの出番です。